独学の人は必見!超初心者の為のハングル徹底解説【韓国語マスター】


スポンサーリンク


안녕~~~!!!

皆さん、韓国語勉強していますか?😮

今回はハングルについて紹介したいと思います!

最初は誰でも「暗号にしか見えない…」だとか「難しそう…」と思う方もたくさんいると思います!

でもハングル文字は読むだけなら本当に簡単なんです!

実際に読める人でも「1日でマスターできた!」なんて人も多いはず🙆‍♀️

この記事を読めば独学の人でも最低でも読めるようになります!させてみせます!😤

 

独学の人は必見!超初心者の為のハングル徹底解説

ハングル文字を勉強したい!と思っている方の多くは韓国について興味を持っている方ですよね😊

韓国ドラマだったり、映画、アイドルが歌う歌詞…

基礎であるハングル文字をしっかり勉強することで韓国ドラマや映画でも読むことができるようになります!

ハングル文字に慣れていくにつれ憧れのK-POPも日本語版じゃなくて韓国語で聴くことができますね♪

まずはハングル文字の仕組みを理解しながら、読み方や発音について学んでいきましょう!

 

ハングルの仕組み

ハングル文字は「子音+母音」で成り立っています。

いきなりそんなこと言われても…と思う方も焦らないでください🙆‍♀️

ここでは、ただの記号にしか見えないハングル文字も実はローマ字と同じような考えというイメージで大丈夫です👌

 

母音とは?

母音ってなに?

という方のためにまずは「母音」について説明します!

ハングルの基本母音は10個、そして合成母音が11個あります。

それを子音19個と組み合わせて一つの文字を作り上げていきます♪

ローマ字で表現すると「a、i、u、e、o」この部分が母音になります😋

では、さっそく基本母音を説明していきますね!😉

 

基本母音

基本母音の形は縦棒と横棒が基本で構成されていますね♪

母音には読み方がなく、後から説明する子音の「ㅇ」(イウン)を組み合わせて発音してあげます😋

a ya o yo o yo u yu u i

ハングルは「子音+母音」で成り立っているので、これで発音できるようになりました♪

合成母音

合成母音は学習しやすいように3種類に分けて説明していきます!

まずはこちら。

基本母音の「ㅏ , ㅑ , ㅓ , ㅕ」に基本母音の「ㅣ」を付け加えるだけなので覚えやすいですね😉

こちらも子音の「ㅇ」(イウン)を組み合わせて発音してあげます😋

e ye e ye

これで発音できますね♪

日本語で表現すると「エ」と「イェ」に近くて、発音は2種類だと考えると簡単ですね♪

続いてはこちら。

wa wo we wi wae we

こちらも子音の「ㅇ」(イウン)を組み合わせて発音してあげます😋

wa wo we wi we we

 

この発音は基本母音の2つを早く発音します。

例えば「ㅘ」を発音したいときは「ㅗ」と「ㅏ」を早く発音すると「ㅘ[wa]」になりますよね♪

同じく「ㅝ」は「ㅜ」と「ㅓ」で「ㅝ」、「ㅜ」「ㅣ」で「ㅟ」になります😊

ただしこの2つは「ㅙ」「ㅞ」3つの基本母音を合成しているようですけど、

実際は「ㅗ」と「ㅐ」で「ㅙ」、「ㅜ」と「ㅔ」で「ㅞ」が出来上がります♪

日本語でどちらも「ウェ」に近い感じですね🙆‍♀️

ここで注意して欲しいのが、「ㅚ」です。

これは「ㅗ」と「ㅣ」なので日本語で「オィ」だとか「ウィ」になりそうですが、

日本語にすると「ウェ」と発音するんですね🤔

少し難しいですけど、詳しく知りたい方はこちらを読んでみてください!

参考:【韓国語】ハングル文字「외」の読み方。正しく読める人いますか?

続いて合成母音の最後ですね!

ui

こちらも子音の「ㅇ」(イウン)を組み合わせて発音してあげます😋

ui

この発音も特に難しくはないですね!

「ㅡ」と「ㅣ」を組み合わせて「ㅢ」日本語で「ウィ」です😋

「ウ」と「イ」を早く発音してみてください🤗

子音とは?

続いては子音ってなに?

という方のためにまずは「子音」について説明します!

子音は19個あって上で勉強した母音と組み合わせて一つの文字を作り上げていきます😊

ローマ字で表現すると「k、s、t、n、h 」等の部分が子音ですね♪

子音は平音、激音、濃音で発音の仕方がわかれているんです😋

まずは子音の平音について説明していきますね!😉

 

子音① 平音

子音の平音と呼ばれるものは10個あります😊

これらを上で勉強した母音と組み合わせて使っていきます♪

例えば…

「ㄴ」と「ㅏ」と組み合わせると「나」となります😆

簡単ですよね😝

 

子音② 激音

続いては激音と呼ばれる子音が4個ですね🙂

“強く息を出しながら発音”するので激音といいます😊

激音も母音と組み合わせて使っていきます♪

例えば…

「ㅊ」と「ㅏ」を組み合わせると「차」となりますね☺️

子音③ 濃音

最後に濃音と呼ばれる子音が5個ですね😊

濃音は強く発音しますけど、“激音とは違って息を出しません”🙅‍♀️

特に激音は日本語にない発音なので慣れるまでは発音しにくいと思います☹️

濃音も母音と組み合わせて使っていきます♪

例えば…

「ㄲ」と「ㅏ」を組み合わせると「까」になりますね😉

まとめ

皆さん理解できましたか?

韓国語は読むことだけであればとっても簡単なのがわかったと思います😊

他にもパッチムと呼ばれるものがあるんですけど、それは別の記事で紹介したいと思います😆

わからないことや質問があればコメント欄で質問してみてください!😝

最後まで読んでくれてありがとうございました!🥰



シェアしてくれると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です