海外で活動する現役ITエンジニアが選ぶおすすめ転職サイト8選!


スポンサーリンク


안녕〜〜〜!!

ITエンジニアのみなさんはどのようにして転職活動を行っていますか?

日本国内だけじゃなく、海外での活動の幅も広げていきたい!

そんな海外勤務に憧れている方もITエンジニアも少なくないはず。

ただ、日本とは事情が異なるがゆえに海外進出を躊躇してしまっている方もいるのではないでしょうか?

今回は、そんな海外進出志望のITエンジニアに向けて、海外で活動する現役ITエンジニアによる

おすすめ転職サイトをご紹介していきたいと思います。

海外で活動する現役ITエンジニア

まず転職サイトを見る前に、海外と日本でのITエンジニアの差について知って欲しいと思います。

海外でのITエンジニアは、大学や大学院で専攻した人が就職する社会的地位の高い職業です。

しかし、日本では比較的容易にITエンジニアの就職はハードルが高いものではなく、短期間の独学で取得できる資格もあり、その資格が採用の目安となることもあります。

また、社会的地位だけではなく、待遇や収入、労働時間にも大きな違いがあります。

社会的地位スキル
海外プロジェクトマネージャーや
コンサルタントといった経営陣に近い
優れた技術者を各国から集め、
最先端IT技術や知識が揃う環境が多い
日本企業内の技術者で年功序列が多いハードウェア開発に比べ、
プログラミング開発は遅れている

海外で活躍するために必要なスキルは?

語学力

日本人はあまり海外の言語を学習することを当たり前としていない文化があるため、
海外で活動する最初に当たる壁は語学力です。

英語は世界共通言語であり、海外で活動するITエンジニアのほとんどは英語を話すことができます。

また、最先端のIT技術のマニュアルなどは、英語で記述されているので、英語ができることが必須となってきます。

コミュニケーション能力

海外ではプロジェクトを管理し、より経営陣に近い存在のため、全体の指揮を取れるコミュニケーション能力を高く求められます。

それに対し、日本では経営陣からの指示により企業の技術者として活動するITエンジニアが多いため、コミュニケーション能力に劣る日人が多いようです。

人脈を深く広くすることで個人で得られる以上の情報を収集することが可能なため、日本で働く上でも非常に重宝される能力になります。

実績

海外では経営陣の一人とみなされてしまうため、顧客に対し、どれくらいの実績をあげたかというのが非常に需要視されます。

日本では経営から外れ、企業内の技術者の一人という見かたをされるため、海外ほどシビアに見られてしまうことはありません。

ですから、海外で働く前に経営としての知識を個人で身につけなくてはいけないということになります。

転職前に適性検査を!

転職サイトで就職を行う前に、あなたの適性を確認してみましょう!

ITエンジニアと言ってもその作業内容はひとくくりにすることはとても難しいと思います。

自社開発で企画から製造、運用と全てをする場合、他社に入り企画だけをする場合、製造だけ、運用だけなど多種にわたります。

なので、ただ転職サイトに登録して転職活動を行う前に適正診断で自分にあった職場を探してみましょう。

おすすめ転職サイト6選

それではここからは海外で活動する現役ITエンジニアがおすすめする転職サイト4選をご紹介します。

TECH CAMP

TECH CAMPはこれからITエンジニアとして活動したい人に向けた転職サイトです。

実際にパソコンを使用し、アプリを作成しながら学習できるプログラミングスクールです。

未経験からの転職サイトですので、わからないことが当たり前になると思いますが、

その場合にすぐに質問ができるという点でおすすめにしています。

実際にアプリを作成することですぐに実戦で活かせる経験値積めるところが人気の理由でもあると思います。

POTEPAN CAMP

POTEPAN CAMPをおすすめしたい理由は、自社開発企業を転職先として紹介してもらえるところにあるかと思います。

やはりITエンジニアとして、企画から開発、運用と一連の流れを自分たちで行うことが一番の経験値になると思っていますが、それが可能なのが自社開発企業です。

また、POTEPAN CAMPではプロのITエンジニアからの細かいレビューがもらえるので、学習と実戦の差があまりないという点でもおすすめする転職サイトの一つになります。

GEEK JOB

3つ目におすすめする転職サイトはGEEK JOBです。

こちらのGEEK JOBではJava・PHP・Rubyとまさに今が旬の言語を学べる転職サイトになっています。

特にRubyは日本人が開発した言語で、日本人にとっては非常に覚えやすく、扱いやすい言語になっています。

また、プロの講師による動画での説明では、間違いが起きやすい・わかりづらいポイントを事細かに説明しているので、未経験でも言語を身につけることが可能になっています。

Tech Stars Agent

4つ目に紹介する転職サイトはITエンジニアからのステップアップできるTech Stars Agent

こちらの転職サイトでは大手企業、海外ベンチャーなど、これまでに培ってきた経験を最大限に活かせる転職先を紹介してくれるサイトです。

能力はあるのになかなか評価されず、きつい時間を過ごしてきた人や、まだまだ上を目指し頑張る方にはぜひ一度、無料診断なども試してみて欲しいと思います。

特にITエンジニアの転職、独立を支援するだけではなく、ITエンジニア限定のイベントもあるので、

そこで新たな仕事のパートナーとなる人との出会いなども十分にあり得ます。

ここで人脈を広げ、海外ベンチャーへ入社というの夢が、おすすめしたい理由です!

アクシスコンサルティング

5つ目にこちらの転職サイトは大手外資ファームや、外資系IT企業、また国内のIT系メガベンチャーなど、非常に大きな企業への転職を目指す人におすすめしたい転職サイトのアクシスコンサルティングです。

その実績から他の転職サイトにはない求人などもありますので、大きなステップアップを考える方や、20代での年収1000万超えたい方には特に注目して欲しいと思います。

また、コンサルタントも利用する転職サイトでもありますので、面接対策等にも力を入れていますので、転職活動には大きなサポートになると思います。

コトラ

6つ目に紹介する転職サイトはIT、金融、コンサル、製造を中心とした転職サイトのコトラです。

こちらの転職サイトでは業界を熟知したアドバイザーがその業界についてサポートをしてくれますので、転職をより有利に進めることが出来ます。

IT、金融、コンサル、製造を中心としておりますので、この4つの業界については特に有料企業のご紹介がいただけると思います。

Kaguya

7つ目にご紹介するのはエンジニア転職で業界最大級の転職サイトのKaguyaです!

Kaguyamでは最先端技術を扱っている企業への転職を考えている方へおすすめしたいと思います。

ITだけではなく、電気、半導体、機械、化学、ソフトとまさにエンジニアのための転職サイトになっています。

ハイクラス転職サイトですので、こちらもステップアップに活用したいサイトですね。

レバテックキャリア

8つ目にご紹介するのはレバテックキャリアです。

こちらは、”ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1″に選ばれるITエンジニア経験者専門の転職エージェントです!

高い専門性を持つアドバイザーがキャリアの選択肢を洗い出し、

5000件以上のハイクラス求人の中からご登録者様のパーソナリティや志向性に沿い、まだ出会えていない理想の求人をご提案してくれるのでおすすめです!

終わりに

いかがでしたか?

今回は海外で活動する現役ITエンジニアがおすすめする転職サイト4選をご紹介させていただきました!

やはりITエンジニアとしてスキルが必要なことはもちろんですが、さまざまなシステムに携わってみて思うことはコミュニケーションの取り方ひとつで仕事の仕方が変わってきてしまうことです。

大きいプロジェクトにつけることは素晴らしいことではありますが、日本のように企業内の技術者としての経験よりも、小さくてもプロジェクトリーダーとしての経験が重要であると感じます。

また、プロジェクトの企画から最後までの流れを知ることが開発技術を身につける一番の近道でもあるかと感じています。

未経験でも開発技術をしっかり身につけられる転職サイトを選んで、ぜひみなさんも海外で活躍できるようなITエンジニアを目指しましょう!

読んでいただきありがとうございました😌



シェアしてくれると嬉しいです!